思い立ったら即行動|データ復旧作業は気づいたらすぐに取り掛かろう

CPUソケット

どう使うかで選ぶ

パソコン

ファイルを保存して閲覧するためのクラウドサービスが利用できますが、このことをファイルサーバといいます。このクラウドサービスを提供している業者はいくつかあるので比較して選ぶことになります。何を一番重要視しているのかをしっかり把握してから選びましょう。ファイルサーバを選ぼうとするとき、企業ならまず価格を重視することになります。なぜなら予算内で見積りを出し、コストの無駄をなくさなければならないからです。しかし、このコスト面は一旦わきに置いておく必要があるのです。コスト面だけ気にしてクラウドサービスを選んでしまうと、思ったようなサービスが受けられなくて結局活用できず、無駄の長物となってしまえばこれほど損なことはないからです。

クラウドファイルサーバをコスト面も低く、そして十分に活用できるようにするためには、利用目的をなんでもかんでも詰め込むのではなく、目的を一つ二つに絞ることが大事です。クラウドファイルサーバを社内のデータを貯蓄するために使うのか、ファイル共有として頻繁に活用するのかが主な利用法になります。ファイル共有のためにクラウドファイルサーバを使うなら、ブラウザで使うのが最適です。なぜなら設定変更を依頼せず、自動的に行なってくれるからです。ファイル共有は業務中頻繁に行なうものなので、専用ソフトのように時間をかけてメンテナンスしていては不便です。優先させたい業務を明らかにし、ブラウザベースにするのか、専用サービスにするのかを決めましょう。